体臭の原因って?

体臭が強い人、いますね。

日本人は海外の方から見て、体臭がないということが言われてきましたが、食事の欧米化、生活習慣の欧米化などによって、だんだんと海外の人と同じような体臭を感じさせる人も出てきているようです。

体臭の原因は、2つに絞ることができます。

一つは汗です。

そしてもう一つは皮脂腺。

汗はアポクリン腺とエクリン腺という二つの汗腺があります。

エクリン腺はほぼ全身にあり、特に足の裏などに多くあります。

アポクリン腺は脇、デリケートゾーン、頭皮、耳の裏など特定の場所に密集していて、この場所から臭いが強く出ると、ワキガや加齢臭になるといわれています。

この二つの汗腺からの汗が時間の経過とともに空気にふれ酸化し、雑菌が汗の有機物を分解することで、体臭が発生します。

体臭のもう一つの原因、それが、皮脂腺です。

皮脂腺は皮脂を皮膚の表面に出す穴です。

皮脂は皮膚を守るバリアのような役割をしますが、これが出過ぎてしまうと、にきびの原因となったり、肌のトラブルの原因となることもあります。

そして、皮脂の分泌があまりに多いと、皮脂を毛穴が覆って皮脂が大好物という雑菌がわき、脂肪酸に集まって分解し始めるので、体臭となってしまうのです。

汗と皮脂が、雑菌によって分解されることで強い臭い、つまり体臭が発生し、その頻度が高いと、シャワーをしてもなかなかとれない臭いとなってしまいます。

なるべく野菜中心の生活をし、皮脂の分泌を抑えること、またこまめに汗を洗い流し、体を清潔に保つことが必要になります。