白髪とストレス

おそらく誰もが一度は聞いたことがある話として、恐怖やストレスのあまり1日ですべての髪が白髪になってしまったというものがあります。

さすがに現実にそんなことが起こることは絶対にありえませんが、白髪とストレスには何か関係があるのではないかと気になってくるはずです。

白髪とストレスは、とても密接な関係にあります。

ストレスがそのまま白髪につながるわけではありませんが、少なくとも大きなストレスを抱えたままだと、白髪が生えやすい状態になるのは確かです。

大きなストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまいます。

そしてそれは毛母細胞の働きを弱める原因になってしまいます。

さらに毛根や毛髪に十分な栄養を送ることができなくなり、この状態が長く続いてしまうと、どんどん白髪の量が増えていきます。

しかも白髪が増えるだけならともかく、髪自体も弱々しい髪質になってしまうので、しっかりケアしてあげなければいけません。

一番重要なのはストレスを何とかすることですが、それがむずかしいという場合は、できるだけガス抜きできる機会を確保できるようにしましょう。

そして髪の毛のことを考えるなら、できる限りでよいのでケアしてあげてください。

ストレスは新しく白髪が生まれやすくなるものですが、今ある髪の毛のメラニン色素を分解するようなことはできません。

だからこそ、フィクションの世界にあるような、一気に白髪になるようなことはありえないのです。