セルライトって何?

セルライトとは、女性に多いぼこぼことした鮫肌状態を指します。

血管から離れた脂肪細胞に老廃物などが付着し、大きくなることで生じます。

特に冷え性の方、むくみ易い体質の方は、セルライトができやすい体質だといわれています。

ダイエットによる解消が難しく、女性の大敵として恐れられている存在でもあります。

セルライトができると、さらに血行の低下を招き、周囲の脂肪細胞とくっついて、どんどん肥大化が進んでいき、やがては悪循環に陥ってしまいます。

セルライトが皮膚の表面に不規則な凸凹として現れることを「オレンジピール(オレンジの皮のような)スキン」と呼びます。

成人女性の80%以上にセルライトがあるとも言われており、太った人のみならず、痩せた人まで「隠れセルライト」が出来ている場合もあるようです。

体脂肪率の低い女性でもセルライトができるうえ、食事制限やエクササイズでも除去が難しいため、非常にやっかいな症状です。

セルライトの発生しやすい部位としては、太腿、ヒップ、ふくらはぎ、下腹部などが挙げられます。

いずれも、ダイエットしてもなかなか痩せない部分であり、もともと脂肪の多い部位に、さらに血行の悪化などが生じて、セルライトができやすくなると考えられています。

女性においてはホルモンバランスの悪化がセルライト発生の引き金となることもあり、更年期障害と同様に中高年以降に注意が必要な症状とされています。

改善方法としては、リンパの流れを良くするマッサージや、生活習慣の見直しが効果的です。